『鬼滅の刃』第19話を見て、高校教師に言われた、アニメについての一言を思い出す。

「『鬼滅の刃』第19話を見て、高校教師に言われた、アニメについての一言を思い出す。」のアイキャッチ画像
 

出来が良すぎる『鬼滅の刃』のアニメですが、その中でも一番熱い回が「第19話」ではないでしょうか??

多分、アニメを見た人なら、8割はこの回答に納得いただけると思います。

蜘蛛の鬼「累」と対決する回ですね。

今日は、『鬼滅の刃』第19話を見て、昔高校の国語教師に言われた一言を思い出した話です。

この言葉は、ふとした時にも思い出す一言なんですが、良い映画やアニメを見た後には、必ずと言っていいほど頭をよぎる位、私には忘れられない言葉でした。

鬼滅のアニメを見て、ずっと書きたかった記事なんですが、うまく文章がまとまらなかったんですよね~。

 

『鬼滅の刃』第19話盛り上がりシーンはこんな感じ。

 

アニメ『鬼滅の刃』は、絵がきれいなだけではなく、動きも細やかで声優さんたちの表現力も高い。

その中でも19話はエフェクトや映像美、カメラワークやBGMと、どれをとっても渾身の作です。

最も盛り上がるのは、後半のバトルシーンだと思うのですが、内容はこんな感じです。

「僕に勝つつもりなのかな???」

バーーーー!!

ガシッ!!

「禰豆子ぉぉぉぉ!」

ピシッ!

累セリフ

炭治郎セリフ

ズッッッシャァーー!

中略

回想及び、炭治郎の最強熱演と激熱音楽

バババババッ

「血鬼術・・、爆血(ばっけつ)!」

ゴォォォォーーー!!

バッシュシュシュゥー・・・

ガシッ!!

シュシュシュシュシュ!

ピュイッ!

キシャーン!!

「俺と禰豆子の絆は(以下略)。」

 

このままエンディング。

ネタバレをなるべく避けるため、擬音と一部のセリフのみでお送りしましたが、こんな感じです。

もう、涙なくして見られません。

素晴らしい熱演と映像表現なんですが、実はここ、原作では小説のような美しい文章が入って、戦いの様子が状況説明されているんです。

だけど、アニメには一切ナレーションの類はありません。

あ、ここのところはナレーションあるなしの是非ではなく、ただの事実を書いているだけです。

 

話変わって、高校教師の話

 

で、今日の本題。

国語教師の話。

高校時代に国語を担当していた先生ですが、授業の合間によく、子供向けの特撮作品に潜んだ社会的なメッセージやアンチテーゼの事を教えてくれました。

・・・オタクだったんでしょうね・・、多分・・、いや、確実に。

当時私は花のJKであり、アニメなんて見ないし、特撮ものなんて幼稚園児の見る番組でした。

アニメのクオリティも今よりず~っっと低かった時代です。

そんなある日の3学期後半。

授業も既に終了し、クラス全員出席日数もOK進級確定で、自習なんかが多くなる時期に、この先生が持参したアニメを見せてくれました。

これです。

 

 

よい子は知ってる「セロ弾きのゴーシュ」。

なんかね、先生が大学時代に 専攻してたのが宮沢賢治だったらしいです。

 

セロ弾きのゴーシュは、宮沢賢治著。

 

頑なで不器用な青年ゴーシュは、世の中や楽団員たちとはうまくいっていない。

独りよがりな怒りを常に抱えているが、ある事がきっかけで周りを見る事ができるようになっていき、優しさを受け入れたり、自分自身も人とコミュニケーションができるようになっていく。

 

みたいな話だったと思います。

 

宮沢賢治の死後に発表されているので、ゴーシュの人間像は著者からは明らかにされていませんが、発表当初は、偏屈な性格からゴーシュは老人なんじゃないかと言われていていたそうで、当時の絵本の挿絵も老人が多かったそうです。

 

しかし、ゴーシュの物語中の憤りや不器用さは、若者特有のそれではないかという研究が進み、現在では「ゴーシュは自分探し中の不器用な若者」というのが定説となっているようです。

(以上、アニメ視聴後に国語教師が言っていた解説)

 

で、「セロ弾きのゴーシュ」は事前に授業でプリントが配られ、全員アニメを見る前には読了していました。 

そして、アニメを見る前に先生が一言言い放ちました。

 

「このアニメを見て、自分たちの想像力の貧困さを痛感するように。」 

 

この一言、私には結構衝撃だったんですよね。

それまで、そんな視点でアニメを見たことが無かったから。

 

例えばね、「陽が落ちてきた。もう春なんだなと、A子は踵を返して歩きだした。もう振り向こうとは思わなかった。」みたいなくだりが文章であったとするじゃないですか。

その風景はすごく頭に浮かぶんです 。

陽が落ちるのが遅くなったから春を感じたとかも分かる気がする。

でも、丁寧に作られたアニメは、頬に風があたったり、A子がなびいた髪の毛を耳にかけたり直したりするんですよ。

妄想大好きな私でも、さすがにそこまでは、想像できないと思う。

 

セロ弾きのゴーシュは、高畑勲監督の作品だった

 

アニメ「セロ弾きのゴーシュ」は、調べてみたら、有名な高畑勲監督の作品だったようです。

なにやら賞も貰っていたらしい。

 

アニメはアニメでよかったのですが、それよりも、私は先生に言われた一言が忘れられません。

自分は、結構想像力も行間を読む力もあると思っていたから。

今でこそ、ネットを介してプリキュアや特撮ヒーロー物にあるアンチテーゼや隠しメッセージに言及したり、考察する記事が普通に扱われるようになりましたが、当時はネットもなければ携帯電話もありませんからねぇ、教師としては歯がゆい思いをしていたんでしょうね。

 

当時のオタクは仲間を見つけるのも大変だったでしょう。

 

そんな教師に渾身の一撃を受けて、私の人生・・全然変わらなかったけど、〇十年経った今もあの一言は忘れられずにいます。

別に仲のいい先生でもなかったんですけどね。

 

今日の記事は、こういう事があったよ的な記事で、たまに書くオチ無し記事の一つなんですが、今はネットやSNS、掲示板などで考えを発表できたり、同じ趣味の人と繋がれていい時代でもあるなと私は思います。

オチが無いのでまとめるのは難しいですが、すごくいいものを見ると必ず思い出す国語教師の一言により、今はなるべく感動を記事にする事をモットーにしています。

だから、まぁ・・『鬼滅の刃』の19話は見ておけて話です。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼滅の刃 8(完全生産限定版) [ 花江夏樹 ]
価格:4658円(税込、送料無料) (2020/1/1時点)


 

 おまけ

 

この先生が最後の授業で見せたアニメが「ルパン三世」の最終回です。

あの宮崎駿が参加しているやつですね。

子供心に当時も「きな臭いな」とは思っていたけど、反戦メッセージのある作品です。

(小さい時リアタイしてた)

当時は教科書問題とかあったからね。 

タイトルが「ルパン三世」だったもんだから、うるさ型の先生には怒られたみたいだけど、それはまた別のお話。

それではまた。

読んでいただき、ありがとうございました。