【完結】『おやすみカラスまた来てね。』第7巻感想~あの二人、結局当て馬だったか・・~

「【完結】『おやすみカラスまた来てね。』第7巻感想~あの二人、結局当て馬だったか・・~」のアイキャッチ画像

昨年の今頃、【『おやすみカラスまた来てね』の第6巻はもう訳が分からなくなっている】等と言う記事を書いたのですが、翌年発売された第7巻で、訳が分からないまま、なんと終了してしまいました・・。

う~ん、いくえみ先生の新境地、ここらが限界か・・。

作品のカテゴリーもあいまいだったし、面倒な恋愛要素が強すぎて、「スピリッツ」でやるには無理があったか・・。

と勝手に思っています。

前回の記事が気になる方は、こちらをご覧ください。

今日の記事は、最終巻の感想です。

ネタバレなしには書けないので、ネタバレ大いにあります。

ネタバレを嫌う方は、ここで閉じて頂く事をおススメします。

(嘘。ネタバレも読んで欲しい)

デジタルで買う人は、以下のボタンをクリックすると、リンクが開きます

『おやすみカラスまた来てね。』第7巻感想

早速ですが、『おやすみカラスまた来てね。』。

第7巻の感想ですが・・、正直な所

はぁ~~~??

でした。

センシティブでナイーブで、裏と表が混在する難しい女性の感情を、読者に想像させつつ、繊細な感じに描く、いくえみ綾の作風が仇になったというか、裏目に出たというか・・。

すすきののオーセンティックバーを舞台にしている割には、そこに立ち寄る人々の環境や事情を背景にした、えぐるような群像劇があるわけでも無く、バーだからこそ見えるような、人間関係や特有のエピソードも薄く、勉強になるような裏話もなく、一貫して作品は恋愛モード。

恋愛モードの割には、展開が遅く、まるで中高生のそれそのもの・・。

この漫画の第一話から察するに、多分ラストがどうなるかは決めて描き始めたとは思うんだけど、大人の世界を扱うには、ちょっと無理があったかなという感じです。

ひょんなことから、亡きマスターから店を受け継いだ二人が、二人三脚でバーを運営していくには、恋愛が早い展開にならないのも頷けます。

お互い、憎からず思っていても、一歩踏み出す勇気もなく、相手の心情をあれこれ探るその行動も分かります。

ただ、善と一葉の二人は残念ながら、子供過ぎたし、切ない部分も表現はされていなかった。

柳原と大神の当て馬感と、残ったキャラの後始末巻・・・

結局、色々ありながらも、ゆるい感じで一葉と善はくっつきますが、最終話に向かって、大神さんと柳原の後始末のやっつけ感が凄かったですね。

あの二人は結局、当て馬だったか・・。

最終回へ向かってペース配分やページ数の制約もあったと思うけど、一葉と柳原なんて、この前手を繋いでお花見してたじゃん・・。

大神さんについては、つい最近ぽっと出てきたばかりで、何か起こりそうな感じで、あっという間に退場ですか。

しかも、その二人がいい雰囲気とか、とってもインスタントな感じですね。

まぁ、大神と柳原は自然な感じで、無理のなさはサラリと伝わります。

それと、これまた突然現れ、顔も出せないまま終わる長窪汐のお相手・・。

しかも、元夫の兄で、末期がんとか・・。

寝耳に水な関係ですが、こちらの方は、何となく

いくえみセンセ、これで数話描こうと思ってたのかな??

という印象を受けます。

しかし、肝心な二人は、悪い意味でもどかしい位のスローペース。

ウジウジとしたまま最終回を迎えますが、一応、気になっていた登場人物のその後は全て回収されています。

こういう終わり方、いくえみ先生、好きだよね。

今回の感想は、あくびのでるような展開の遅さとか、比較的浅めで終わった群像劇とか、あまり活躍しなかった当て馬とか、子供っぽい展開などで、辛口となりましたが、大団円という事で終了。

こんなに楽しめなかったのって、自分が年を取ったせいなのかなぁ・・。

それでは、今回一番好きだったシーンをご覧ください。

恐らく紅の後輩。君は善の数倍優れているよ。

それではまた。